洗顔石鹸 ニキビ ランキング

ニキビ肌の改善には洗顔石鹸選びが重要!

洗顔石鹸 ニキビ ランキング
ニキビ肌が治らなくて悩んでいる・・・・そんな方は多いはずです。

 

実は、当サイトの管理人である私自身も、10代のころは思春期ニキビ、20代になると大人ニキビと、随分長い間ニキビ肌に悩まされてきた1人です。

 

ずっとずっとコンプレックスだった、ニキビ肌・・・。

 

でも、そのニキビ肌へのコンプレックスがきっかけでニキビの事を専門で学ぶようになり、今では過去の自分が嘘のように、スッキリとニキビ肌を改善できたんです!

 

洗顔石鹸 ニキビ ランキング

 

管理人プロフィール

年齢:30ちょっと
職業:スキンケアアドバイザー関連
趣味:入浴、美容グッズ調査

 

さて、そんな管理人がニキビ肌を改善するために最も重要だと気づいたのが、洗顔石鹸選びです。

 

そもそも、ニキビの原因は、毛穴に汚れや余分な皮脂、古い角質が詰まって、ニキビの原因菌であるアクネ菌の温床となってしまう点にあります。

 

だから、

  • 汚れをしっかり落とせない
  • 余分な皮脂が残る
  • 古い角質の毛穴詰まりが解消しない
  • 泡立ちが悪い
  • 肌への刺激がある

こんな洗顔石鹸を選んでいたら、ニキビを改善できないのは当然ですよね。

 

・・・とはいえ!

 

「じゃあ、どんな洗顔石鹸を使えば良いの?」と思う方もいらっしゃると思います。

 

そこでここでは、ニキビ肌改善に効果的な洗顔石鹸を、ランキングにしてご紹介します。

 

ニキビ肌を改善したい!効果の高い洗顔石鹸が欲しい!と言う方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ニキビ肌に効果的!洗顔石鹸ランキング

どろあわわ

洗顔石鹸 ニキビ ランキング
どろあわわは、泥パックと泡洗顔の両方が一度で行える洗顔石鹸です。

 

ニキビ肌の改善に必要なのは、ニキビ菌の温床になってしまう毛穴詰まりの解消、余分な皮脂や古い角質、汚れの吸着洗浄ですが、どろあわわはこれら全てをスッキリと解消する特徴を持っています。

 

しかも、肌に刺激を与えない泡の弾力や添加物フリーで、ニキビ肌を改善するだけではなく、赤みカサつきなどの無い、トータルで美しい肌にしてくれます。

 

多くの芸能人やモデルが愛用している点や、人気No.1の洗顔石鹸という点からも、その効果の高さが伺えますね。

 

どろあわわの特徴

 

マリンシルトが毛穴汚れをしっかりと吸着、洗浄
ベントナイトが余分な皮脂や古い角質を根こそぎ吸着
豆乳発酵液が肌質を改善し、キメが細かくしっとりなめらかな肌に
弾力泡が肌のダメージをゼロに

 

洗顔石鹸 ニキビ ランキング

 

NonA(ノンエー)

洗顔石鹸 ニキビ ランキング
「ニキビ専用」を謳う薬用洗顔石鹸、ノンエー。

 

毛穴詰まりの解消効果の高さに加え、殺菌・抗炎症作用の高い成分を配合することで、ニキビを予防し、キレイなお肌へ改善します。

 

ノンエーは、医薬部外品として厚生労働省の認可を得ているので、ニキビ肌への効果はお墨付きです。

 

ノンエーの特徴

 

キメが細かく弾力の高い泡立ちでしっかりと汚れを吸着
グリチルリチン酸ジカリウムがニキビ菌をしっかりと殺菌
医薬部外品でニキビへ高い効果を発揮
ローヤルゼリーやヒアルロン酸などが、しっとりなめらかな肌へ

 

洗顔石鹸 ニキビ ランキング

 

 

ルナメアAC

ルナメアACは、アスタリフトでも有名な富士フイルムがリリースする、洗顔石鹸や美容液などの基礎化粧品ブランドです。

 

富士フイルムらしい、他にはない汚れや皮脂への吸着アプローチで、ニキビを原因からケアします。

 

今回ご紹介するのは、洗顔石鹸だけではなく、メイク落とし、化粧水(ノーマルタイプ)、ジェルクリーム、化粧水(しっとりタイプ)がセットになった、お試しキットです。

 

洗顔のみならず、豊富な美容成分や高い保湿力でもニキビにアプローチしてくれる基礎化粧品が全てセットになったお試しキットなので、手軽かつリスクなく富士フイルムの最先端技術が体験できます。

 

ルナメアACの特徴

 

洗顔石鹸だけではなく、基礎化粧品全てがセットなのでトータルでニキビに効果的
浸透力にこだわり、毛穴の奥までシッカリ綺麗に
うるおい効果の高さでターンオーバーを活性化
独自のナノ化技術「アクネシューター」がニキビの原因にしっかりと浸透

 

洗顔石鹸 ニキビ ランキング

洗顔石鹸での正しい洗顔方法

洗顔石鹸 ニキビ ランキング
せっかくニキビの改善効果が高い洗顔石鹸を使用していても、そもそもの洗顔の仕方が悪いとせっかくの洗顔石鹸の効果を半減してしまいます。

 

洗顔は、基礎化粧品で行うスキンケアの中で最も基本であり、最も重要なところです。

 

多少面倒に感じるかもしれませんが、正しい方法で洗顔を行えば、きっと肌質の変化を実感できるはずです。

 

ここでは、正しい洗顔方法のポイント6つをご紹介しますので、あなたもぜひ、自分の洗顔方法と正しい洗顔方法を照らし合わせて、改善してみてくださいね。

 

手を洗う

洗顔は顔の汚れや余分な皮脂を落とすものですが、洗顔を行う手が汚いと、無駄に顔に雑菌を付着させる原因にもなりかねません。

 

ですから、洗顔の前にはきちんと手を清潔にするよう、心がけましょう。

 

素洗いをする

洗顔の際には、いきなり洗顔石鹸や洗顔フォームを使用せず、ぬるま湯のみで洗顔を始めましょう。

 

私たちの顔には、様々な汚れが付着しています。

 

ですから、まずはそんな汚れを軽く洗い流し、汚れで顔を洗う状態になるのを防止しましょう。

 

この時に使用するのは冷水でも温水でもなく、肌への刺激が少ない35度〜36度程度の肌の温度に近いぬるま湯がベストです。

 

素洗いの段階では、顔の表面に付着したゴミや汚れを落とすだけなので、ゴシゴシと擦る必要はありません。

 

やさしく撫でるように洗顔しましょう。

 

洗顔料はしっかりと泡立てる

洗顔石鹸は、泡立てネットを使ってしっかりと泡立てましょう。

 

洗顔石鹸をきちんと泡立てることで、泡のキメが細かくなり、汚れの吸着能力がアップすることはもちろん、手で直接肌を擦らず泡で洗えるようになるため、摩擦による肌へのダメージを無くせます。

 

ちなみに、使用後の泡立てネットはしっかりと洗って、雑菌が繁殖しないように干しておくのをオススメします。

 

泡で洗顔する

泡立てネットでしっかりと泡が出来たら、顔全体に泡を乗せていきます。

 

一般的に、皮脂の分泌量が多いTゾーンやあご周辺から泡を乗せて、手が直接顔に触れないように、小さな円を描く感じでクルクルと優しく洗っていきましょう。

 

最近の洗顔石鹸には、泡自体に汚れを吸着する成分が入っているため、手や指でゴシゴシと洗う必要はありません。

 

泡をしっかりなじませるような意識で洗顔しましょう。

 

すすぎはしっかりと

泡を顔全体になじませたら、とにかく素早くすすぎに移りましょう。

 

最近の洗顔石鹸は皮脂の吸着能力も高いため、いつまでも石鹸が顔に付いた状態で放置していると、必要な皮脂まで落としてしまいます。

 

なるべく、洗顔石鹸を使ってから1分以内、できれば30秒ほどですすぎを終わらせるのがベストです。

 

ちなみに、すすぎのポイントは、ぬるま湯を使用することと広範囲に行うこと、そして、回数を多めに行うことです。

 

洗顔石鹸が付着したと思われる範囲より広めに、また、洗顔石鹸のヌルヌル感が無くなったと感じても、多めにすすぎましょう。

 

水分のふき取り

すすぎが終わったら、新しく、清潔なタオルで顔に付着した水分を拭き取りましょう。

 

もちろん、ゴシゴシと擦るのではなく、軽く顔にタオルを当てるイメージで、タオルの吸収力を活かしたふき取り方がベストです。

 

そして、使ったタオルは再利用せず、1回で洗濯するようにして雑菌の繁殖を抑えましょう。