洗顔石鹸 ニキビ ランキング

ニキビ肌の改善には洗顔石鹸選びが重要!

洗顔石鹸 ニキビ ランキング
ニキビ肌が治らなくて悩んでいる・・・・そんな方は多いはずです。

 

実は、当サイトの管理人である私自身も、10代のころは思春期ニキビ、20代になると大人ニキビと、随分長い間ニキビ肌に悩まされてきた1人です。

 

ずっとずっとコンプレックスだった、ニキビ肌・・・。

 

でも、そのニキビ肌へのコンプレックスがきっかけでニキビの事を専門で学ぶようになり、今では過去の自分が嘘のように、スッキリとニキビ肌を改善できたんです!

 

洗顔石鹸 ニキビ ランキング

 

管理人プロフィール

年齢:30ちょっと
職業:スキンケアアドバイザー関連
趣味:入浴、美容グッズ調査

 

さて、そんな管理人がニキビ肌を改善するために最も重要だと気づいたのが、洗顔石鹸選びです。

 

そもそも、ニキビの原因は、毛穴に汚れや余分な皮脂、古い角質が詰まって、ニキビの原因菌であるアクネ菌の温床となってしまう点にあります。

 

だから、

  • 汚れをしっかり落とせない
  • 余分な皮脂が残る
  • 古い角質の毛穴詰まりが解消しない
  • 泡立ちが悪い
  • 肌への刺激がある

こんな洗顔石鹸を選んでいたら、ニキビを改善できないのは当然ですよね。

 

・・・とはいえ!

 

「じゃあ、どんな洗顔石鹸を使えば良いの?」と思う方もいらっしゃると思います。

 

そこでここでは、ニキビ肌改善に効果的な洗顔石鹸を、ランキングにしてご紹介します。

 

ニキビ肌を改善したい!効果の高い洗顔石鹸が欲しい!と言う方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ニキビ肌に効果的!洗顔石鹸・洗顔フォームランキング

どろあわわ

洗顔石鹸 ニキビ ランキング
どろあわわは、泥パックと泡洗顔の両方が一度で行える洗顔フオームです。

 

ニキビ肌の改善に必要なのは、ニキビ菌の温床になってしまう毛穴詰まりの解消、余分な皮脂や古い角質、汚れの吸着洗浄ですが、どろあわわはこれら全てをスッキリと解消する特徴を持っています。

 

しかも、肌に刺激を与えない泡の弾力や添加物フリーで、ニキビ肌を改善するだけではなく、赤みカサつきなどの無い、トータルで美しい肌にしてくれます。

 

多くの芸能人やモデルが愛用している点や、人気No.1の洗顔石鹸という点からも、その効果の高さが伺えますね。

 

どろあわわの特徴

 

マリンシルトが毛穴汚れをしっかりと吸着、洗浄
ベントナイトが余分な皮脂や古い角質を根こそぎ吸着
豆乳発酵液が肌質を改善し、キメが細かくしっとりなめらかな肌に
弾力泡が肌のダメージをゼロに

 

洗顔石鹸 ニキビ ランキング

 

NonA(ノンエー)

洗顔石鹸 ニキビ ランキング
「ニキビ専用」を謳う薬用洗顔石鹸、ノンエー。

 

毛穴詰まりの解消効果の高さに加え、殺菌・抗炎症作用の高い成分を配合することで、ニキビを予防し、キレイなお肌へ改善します。

 

ノンエーは、医薬部外品として厚生労働省の認可を得ているので、ニキビ肌への効果はお墨付きです。

 

ノンエーの特徴

 

キメが細かく弾力の高い泡立ちでしっかりと汚れを吸着
グリチルリチン酸ジカリウムがニキビ菌をしっかりと殺菌
医薬部外品でニキビへ高い効果を発揮
ローヤルゼリーやヒアルロン酸などが、しっとりなめらかな肌へ

 

洗顔石鹸 ニキビ ランキング

 

 

ルナメアAC

洗顔石鹸 ニキビ ランキング
ルナメアACは、アスタリフトでも有名な富士フイルムがリリースする、洗顔石鹸や美容液などの基礎化粧品ブランドです。

 

富士フイルムらしい、他にはない汚れや皮脂への吸着アプローチで、ニキビを原因からケアします。

 

今回ご紹介するのは、洗顔石鹸だけではなく、メイク落とし、化粧水(ノーマルタイプ)、ジェルクリーム、化粧水(しっとりタイプ)がセットになった、お試しキットです。

 

洗顔のみならず、豊富な美容成分や高い保湿力でもニキビにアプローチしてくれる基礎化粧品が全てセットになったお試しキットなので、手軽かつリスクなく富士フイルムの最先端技術が体験できます。

 

ルナメアACの特徴

 

洗顔石鹸だけではなく、基礎化粧品全てがセットなのでトータルでニキビに効果的
浸透力にこだわり、毛穴の奥までシッカリ綺麗に
うるおい効果の高さでターンオーバーを活性化
独自のナノ化技術「アクネシューター」がニキビの原因にしっかりと浸透

 

洗顔石鹸 ニキビ ランキング

洗顔石鹸でニキビ肌を治す!正しい洗顔方法

洗顔石鹸 ニキビ ランキング
せっかくニキビの改善効果が高い洗顔石鹸を使用していても、そもそもの洗顔の仕方が悪いとせっかくの洗顔石鹸の効果が半減してしまいます。

 

洗顔は、基礎化粧品で行うスキンケアの中で最も基本であり、最も重要なところです。

 

多少面倒に感じるかもしれませんが、正しい方法で洗顔を行えば、きっと肌質の変化を実感できるはずです。

 

ここでは、正しい洗顔方法のポイント6つをご紹介しますので、あなたもぜひ、自分の洗顔方法と正しい洗顔方法を照らし合わせて、改善してみてくださいね。

 

手を洗う

洗顔石鹸 ニキビ ランキング
洗顔は顔の汚れや余分な皮脂を落とすものですが、洗顔を行う手が汚いと、無駄に顔に雑菌を付着させる原因にもなりかねません。

 

ですから、洗顔の前にはきちんと手を清潔にするよう、心がけましょう。

 

素洗いをする

洗顔石鹸 ニキビ ランキング
洗顔の際には、いきなり洗顔石鹸や洗顔フォームを使用せず、ぬるま湯のみで洗顔を始めましょう。

 

私たちの顔には、様々な汚れが付着しています。

 

ですから、まずはそんな汚れを軽く洗い流し、汚れで顔を洗う状態になるのを防止しましょう。

 

この時に使用するのは冷水でも温水でもなく、肌への刺激が少ない35度〜36度程度の肌の温度に近いぬるま湯がベストです。

 

素洗いの段階では、顔の表面に付着したゴミや汚れを落とすだけなので、ゴシゴシと擦る必要はありません。

 

やさしく撫でるように洗顔しましょう。

 

洗顔料はしっかりと泡立てる

洗顔石鹸 ニキビ ランキング
洗顔石鹸は、泡立てネットを使ってしっかりと泡立てましょう。

 

洗顔石鹸をきちんと泡立てることで、泡のキメが細かくなり、汚れの吸着能力がアップすることはもちろん、手で直接肌を擦らず泡で洗えるようになるため、摩擦による肌へのダメージを無くせます。

 

ちなみに、使用後の泡立てネットはしっかりと洗って、雑菌が繁殖しないように干しておくのをオススメします。

 

泡で洗顔する

洗顔石鹸 ニキビ ランキング
泡立てネットでしっかりと泡が出来たら、顔全体に泡を乗せていきます。

 

一般的に、皮脂の分泌量が多いTゾーンやあご周辺から泡を乗せて、手が直接顔に触れないように、小さな円を描く感じでクルクルと優しく洗っていきましょう。

 

最近の洗顔石鹸には、泡自体に汚れを吸着する成分が入っているため、手や指でゴシゴシと洗う必要はありません。

 

泡をしっかりなじませるような意識で洗顔しましょう。

 

すすぎはしっかりと

洗顔石鹸 ニキビ ランキング
泡を顔全体になじませたら、とにかく素早くすすぎに移りましょう。

 

最近の洗顔石鹸は皮脂の吸着能力も高いため、いつまでも石鹸が顔に付いた状態で放置していると、必要な皮脂まで落としてしまいます。

 

なるべく、洗顔石鹸を使ってから1分以内、できれば30秒ほどですすぎを終わらせるのがベストです。

 

ちなみに、すすぎのポイントは、ぬるま湯を使用することと広範囲に行うこと、そして、回数を多めに行うことです。

 

洗顔石鹸が付着したと思われる範囲より広めに、また、洗顔石鹸のヌルヌル感が無くなったと感じても、多めにすすぎましょう。

 

水分のふき取り

洗顔石鹸 ニキビ ランキング
すすぎが終わったら、新しく、清潔なタオルで顔に付着した水分を拭き取りましょう。

 

もちろん、ゴシゴシと擦るのではなく、軽く顔にタオルを当てるイメージで、タオルの吸収力を活かしたふき取り方がベストです。

 

そして、使ったタオルは再利用せず、1回で洗濯するようにして雑菌の繁殖を抑えましょう。

洗顔石鹸選びで大事な事とは?

洗顔石鹸 ニキビ ランキング
洗顔石鹸選びが大事ですよ!と言われても、世の中には数え切れないほどの洗顔石鹸が存在します。

 

そのため、多くの場合は、ネットでの評判や雑誌で紹介されているもの、友達からの口コミなどで洗顔石鹸を選んでいることが多いはず。

 

しかし、顔の肌質には個人差があるため、他人にはピッタリだった洗顔石鹸も、自分にはイマイチだった!と言う話しも良くあることです。

 

しかも、最悪の場合は自分の肌質とは合わない洗顔石鹸を使用したことで、ブツブツや赤み、痒みが出てしまった!何てことにもなりかねません。

 

そこでここでは、自分の肌質に合った洗顔石鹸選びのポイントをご紹介します。

 

自分の肌質に合う洗顔石鹸を選ぶ

まず最初の洗顔石鹸選びのポイントは、あなたの肌質に合わせたものを選ぶという点です。

 

肌質には大きく分けて

  • 普通肌
  • 脂性肌
  • 乾燥肌
  • 混合肌
  • 敏感肌

の5つの肌質があります。

 

自分の肌質はどれに当てはまるのか?をしっかりと把握して洗顔石鹸を選びましょう。

 

普通肌

普通肌は、特に肌が脂っぽくなることも乾燥することもない、理想的な肌質だと言えます。

 

そのため、普通肌の場合は今の状態を維持していくことが大事です。

 

肌質が変わってしまうような刺激物を含んだ洗顔石鹸を使用しないように、石油系の化合物や化学系の薬剤が含まれない洗顔石鹸を選びましょう。

 

脂性肌

脂性肌の場合は、洗顔後時間が経つと顔全体がテカったり、ニキビが頻繁にできると言った特徴があります。

 

そんな脂性肌の方のケア方法は?というと、「しっかりとした保湿を心がける」ことが重要です。

 

「油分が足りているのに保湿する必要があるの?」と思うかもしれませんが、実は脂性肌は乾燥から身を守るための脂の分泌―皮膚の防衛反応が原因なんです。

 

そのため、脂性肌の方の洗顔石鹸選びは、皮脂の毛穴詰まりはきちんと解消しつつ、肌の表面の油分を落としすぎないものを探す必要があります。

 

乾燥肌

乾燥肌(ドライスキン)は、肌が乾燥してヒリヒリしたり、粉を吹いたりする肌質です。

 

皮脂の分泌量低下、天然保湿因子(NMF)量の低下、角質細胞間脂質の低下によって引き起こされます。

 

そんな乾燥肌のケア方法は、とにかく保湿をしっかりと行うこと、そして肌の油分を落としすぎない事が重要です。

 

そのため、乾燥肌の方が使うべき洗顔石鹸は、肌や毛穴の汚れはしっかりと落としつつも、皮脂を落としすぎないものとなりますl。

 

混合肌

混合肌とは、脂性肌と乾燥肌が混ざった肌質になります。

 

恐らく、日本人で一番多い肌質が、この混合肌になると思います。

 

Tゾーンはテカるけど、口周りは乾燥しがち…と言った感じで、顔のパーツによって肌の状態が様々なのが特徴です。

 

そんな混合肌の方のケア方法で大事なのは、「保湿」です。

 

脂性肌も乾燥肌も元々の原因は「皮膚の乾燥」「潤い不足」が原因なので、混合肌の場合もまずは保湿を心がける必要があります。

 

ただ単に肌に水分を含ませるだけではなく、その潤いをキープできるケア用品を使用するようにしましょう。

 

敏感肌

敏感肌は、基礎化粧品でヒリヒリ感を感じたり赤みが出たり、ブツブツが出たりする肌質です。

 

そんな敏感肌の方が選ぶべき洗顔石鹸は、とにかく石油系の成分が使われていない物、化学系の添加物が含まれていない物です。

 

商品のパッケージや、その商品のホームページを確認すると「無添加」を謳っている商品は多いですが、中には不要な添加物が含まれる洗顔石鹸も存在します。

 

そのため、成分表はしっかりと確認して、界面活性剤・香料・着色料・防腐剤などが無添加の物を選びたいですね。

 

皮脂を落としすぎない

洗顔で大事なのは、汚れをしっかりと落とすこと、そして毛穴詰まりを発生させる余分な皮脂を落とすことです。

 

…しかし、保湿に必要な皮脂まで落としすぎるのはNGです。

 

保湿に必要な皮脂は残して、肌を乾燥から防ぐことが重要なんですね。

 

「良い洗顔石鹸」と言うのは、汚れや余分な皮脂はしっかりと落としながら、必要な皮脂はきちんと残してくれるものになります。

 

刺激の少ない肌に優しいもの

洗顔石鹸には、安価かつ洗浄力の強い合成界面活性剤や石油系成分が含まれている物も多いものです。

 

しかし、これらの洗顔石鹸は肌に余計な刺激を与えたり、必要な皮脂まで落としすぎたりすることがあります。

 

肌への刺激はシミやくすみ、しわの原因ともなるため、とにかく低刺激の肌に優しい洗顔石鹸を選びましょう。

 

使用感

洗顔石鹸選びには、使い心地の良いものをチョイスすることも大切です。

 

泡立ちがイマイチだったり、自分の気に入らない香りだったりすると、洗顔をすること自体が楽しくなくなっちゃいますよね。

 

そんな使用感の悪いものを使うより、「また使いたい!」「使うのが楽しみ!」と思える洗顔料を使用することも大切です。

 

美容成分

洗顔石鹸に必要なのは、汚れや皮脂の洗浄力だけではありません。

 

それらをしっかりと落としつつも、できるだけ肌に良い成分がしっかりと配合されている洗顔石鹸を選びましょう。

 

コスト

洗顔石鹸は、毎日使うものです。

 

そのため、いくら良いものであっても価格が高すぎるものはオススメできません。

 

「価格が高い=良いもの」とは限りませんし、それよりもむしろ「自分の肌質に合うかどうか?」が最も重要なポイントです。